湯治場余話・その5

湯治場余話・その5

※この情報は過去のものです。

「余話」とするのはいささか場違いですが、ちょっと自己紹介。 発足して一年、島根県第一号の「民泊プロジェクト」があります。 このホームページでもリンクしている創菜料理の店・ゆるりと、 その近所の二軒の民家、飯南町にある日帰り温泉「加田の湯」、 それに千原温泉を加えた「まごころステイ・ゆるりの里」です。

 「美郷、飯南は観光地ではないので、わずかしか宿がありません。 日帰り温泉の千原温泉、加田の湯、そして創菜料理ゆるりをご利用の お客様から、ゆっくり滞在したいという要望が度々ありました。 そこで近くの民家が宿を提供することになった、『ゆるりの里』が 生まれました」(以下もパンフレットより)

 「山里では四季を味わうことが、何よりのご馳走です。山の幸・ 川の幸をふんだんに使い安全な食材を、昔ながらの知恵で料理いたし ました。アイガモ米の麦ご飯や地元の減農薬野菜など、季節の食材 をお楽しみください」

 「元来温泉は湯治を目的としていました。湯治とは治療することで あり、その効果を高めるため湧き出したばかりのお湯に手を加えず 浸かるものだったそうです。ゆるりの里には、そんなたしかな温泉が あります」

 「普通の民家なので何のもてなしも出来ませんが、布団だけは用意 してありますので、ゆっくりくつろいでください。土地のことや 百姓のことを話したり、旅の思い出話や世間話の聞き役くらいには なります」

 民泊体験とゆるりでの夕朝食、それに二ヶ所の温泉二回入湯付きで おひとり8500円です。
 お問い合わせはゆるり 電話0855-75-0607*現在は閉館

 昔を思い出させる山里に抱かれ、普段着の落ち着いた雰囲気の中で、 飾り気のない触れ合いを体感するのも、時代にマッチした旅の形の ひとつかもしれません。

 常連のおひとりである、湯川愛子さんの「私の日記」から。
「中国山地のほぼ中央を貫流して日本海に注ぐ中国太郎・江の川。 本流支流の流域には小さな集落が点在、本流に沿って走るJR三江線は 一両の列車が一日数本走るだけの偉大なるローカル線です。 ゆったりと流れる川、時たまガーと音を立てて走る列車、のどかな 里山の景色、千メートル級の三瓶山と琴引山・・・ そして、何より素朴な人情が私を惹きつけるのです」



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です